sakura_section header画像

SPOTS TO FIND CHISHIMA-ZAKURA

千島桜の見所

 千島桜は、北上する桜前線の最後に咲く桜として多くの道民に親しまれており、北方領土に住んでいた人々には、「ふるさとの花」として親しまれています。

 また、北方領土にゆかりのある花として平成15年度に北方領土返還要求運動の統一的なシンボルとして選ばれ、平成30年度には北方領土を未来につなぐふるさとの花として「北海道遺産」に選定されました。

sakura_section header画像

根室地域の千島桜

spots_seiryuji.png 見所_清隆寺画像

根室市 『清隆寺(せいりゅうじ)』の境内いっぱいに咲き誇る千島桜 (“千島桜”や“山桜”など約40本)

明治2年に、国後島から持ち帰ったものが、後に移植されたもので根室空襲の際にも難を逃れている。

spots_notsuke.png 見所_野付小学校画像

別海町『野付(のつけ)小学校』の 校庭にある日本で最大の千島桜 (高さ約6m、幅約16m)

明治39年に野付半島から現在地に移植したと伝えられており、昭和56年に別海町指定文化財に指定されている。

千島桜満開プロジェクト ロゴ